自分に嘘偽りなく充実して生きる方法

人生は死んだら "終わり” 一度しかない。やり直しも巻き戻しも出来ない。そんな貴重な人生なのに、自分が本当に望む生き方を我慢していたのがほんとに辛かった。そしてそんな生き方に私は耐えられなかった。だから必死に自分を変えて今を手にできました。 [ 自分自身に嘘偽りなく ] 充実した生き方をしたいと思っている方・苦しんでいる方・もがいている方。私はそんな あなたの力になれれば心から嬉しく思います。

食事って実は怖い?知るだけで普段の食事が変わる?いただく命に感謝を。

こんにちは!

水野雄二です


今回は、普段食べている物の裏側を知る事で、

食事に対する意識を変えて行くのも良いですよ〜!

と言ういつもと少し違う話を書いて行きます!

 

f:id:mizunoyuuzi:20180516193012j:image

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

他の記事一覧はこちらへお立ち寄りください!


⬇︎はてなブログ 記事一覧 ( 水野雄二 )⬇︎


https://bit.ly/2sk1SrF
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『本気で稼いでみたい』

『自分でも成功できるのか』

『今の自分を変えて自信をつけたい』

 

⬇︎そんな方はご覧ください⬇︎


https://bit.ly/2siSKmX

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

いや〜、


意思疎通とはなかなか大変なもので、

大人になっても変わらない永遠のテーマではないでしょうか?


ビジネスなら意思疎通や教育にあまり苦労しないのですが、

意思疎通の対象が、


"恋愛相手"


または、


"恋愛対象"


となると、

普段の自分を上手に表現出来なくなる事もしばしば。


あなたにも、そんな経験はありますか?


うんうん、、、


分かる、、分かりますとも!


恋愛コンサルタントとしての実績を持つ私も、

自分の事となると、


「こんなはずじゃなかった、、、」


「こんな些細な事で、、、」


など、


思いがけない事で喧嘩をしてしまいます。


そんな事ありますよね?


恋愛コンサルタントについては半分冗談です笑


何年前でしょうか、、、


私が今のパートナーと同棲し始めたのは。


同棲した目的が、

私の習慣改善でしたので大変でしたが、

まぁ〜楽しい時間を過ごしていました。


それが、


マヨネーズを購入しただけで、、


あんな事件になるとは、、、


パートナーは基本的に自然が大好きで、

こと食事に関してはかなりこだわりがあります。


そんな日々のなか、

食のこだわりが強いパートナーに合わせて、

私は大好きな、


"マヨネーズ"


の購入を1年間控えていました。


とくべつパートナーから、

マヨネーズについて言及をされてもいなければ、

私自身、マヨネーズの話をしていませんでした。


私は、

パートナーはマヨネーズを購入する事をあまり良く思っていないと分かっていましたし。


パートナーも、

私はマヨネーズが好きで、

同棲する前はよく購入していた事を知っています。


お互いマヨネーズは食しますが、

私にいたっては、

マヨネーズは常に冷蔵庫の中に欠かせない物。


そのぐらい好きです。


そんな私が実に、


"1年間もの間"


マヨネーズとのラブコメをたっていました。


そんな私はついに、


ついに、、、


マヨネーズを自宅にお持ち帰りすると決意したのです。


なぜなら1年間も我慢したし、

パートナーも笑って許してくれる。


そんな期待に胸を膨らませ、

自宅の冷蔵庫にこだわりのマヨネーズをちょこんと隅っこに待機させました。


1年ぶりの家マヨ!


「今日は外食禁止だな!」


私はパートナーに「今日は家で食事をしよう!」


と連絡を入れワクワクしていると、


しばらくしてパートナーが帰宅してきました。


あぁ、、これからパートナーと私の楽しい食事が始まる、、、1年間待たせてごめんねマヨ子、、、


そんな私の、


"万感の思い"


そんな私の思いをよそに、


パートナーが冷蔵庫のマヨネーズを見た瞬間、、


まるで流し忘れたトイレを見たかのような低い、


ひく〜いトーンで、


「あぁ、、、これか、、、はぁ〜、、、」


とため息。


その時、私の心は何かがはじけました。


カチーン!


私「出てってやるー!!!」


パートナーがパクパク何か言っているのを全く聞かず、


私「マヨネーズすら好きに買えない家なんか住めるかーーー!!!!!!」


私は無我夢中で家を飛び出しました。


家出。


マヨネーズが原因で家出。


私は大人になって初めての家出をしました。


「こんなはずでは、、、」


そんな事ってありますよね?


私の大人になって"初"の家出はマヨネーズとの浮気が原因でした。


その後、携帯もなかったので、

しばらくしてから家へ戻ると、


パートナーは、

めちゃくちゃ豪勢なマヨネーズ料理を作ってくれていました!


よくよく話を聞くと、


どうやらパートナーは、

1年間も私が大好きなマヨネーズを我慢していたとは知らなかったらしく、


こんなに我慢していたなら買ってあげれば良かった。


そんな事を思ってため息が出たらしいです。


どうやらその日は同棲してから丁度1年目だったらしく、そんな日に私はパートナーに


「今日は家で食事をしよう!素晴らしい食事になるよ!」


と連絡していたので、

タイミング的にも紛らわしく、

誤解を招いていたようでした。


私もパートナーもお互い、


○○記念日!とか


いちいち作らないので、


なおさら私が1年間の節目に、

そんな連絡をした事に驚いていたみたいです。


人の話は最後まで聞いた方が良いですね!


と長くなってしまいました、すみません。


食の話になるとつい思い出してしまいます。


さてさて、


そんなマヨネーズもですが、


あなたは普段から口にしている物を、

深く調べたり実際に見に行ったりした事ありますか?


実際に食品の裏側を知って行くと、


衝撃的な事実も多くあり、


考えさせられる事もしばしばあります。


今回は、事実の一部を知る事で、


食べ物の危険性を認識し、

あらためて命を食す事に感謝をしよう!


と言うテーマで書いて行きます。


"危ないから食べるな"


と言う話ではありません笑


以前の私は、

スーパーで安売りされている、

お肉をよく買っていました。


安いのありますよね?


1kgで数百円とか!


ザ・我々の味方!


お世話になりました!


そんなお肉を含め、


異常に安い食品って、なんで安いと思いますか?


サービス?

企業努力?

お得意様価格?

大量仕入れ価格?


その認識、


あっています!


しかし、それ以外の要因も実はあるんですよ。


例えば養鶏場。


沢山のニワトリがいますが、

何かしらの原因でニワトリは頻繁に死んでしまいます。


実はそのニワトリの死骸。


その死骸を引き取る業者があります。


その業者はニワトリを引き取ると、

食品用として加工し、安く提供します。


"死骸を解体してスーパーなどへ"


これが安く仕入れられる仕組みの1つです。


私達は何が原因で死んだのか分からない死骸を、

知らず知らず口にしていたりします。


ある実験だと、

そんな肉を与えられたモルモットは、

病気になったり、

身体が変異したりして、

死亡率が普段より高くなる事が分かっています。


でもまぁ、

調べなくても容易に想像出来ますよね?


ちなみにモルモットとは、

ネズミの一種で、実験動物として広く養殖されています。


次に遺伝子組み換え。


あなたは遺伝子組み換えと聞いて何をイメージしますか?


主に植物などが有名ですが、


遺伝子組み換えは動物にも行われています。


あなたは見た事ありますでしょうか?


足が4本の鳥。


羽が6個ある鳥。


頭が2つある鳥。


鳥に限った話ではないのですが、


こんな異形の形をした動物は沢山います。


こんなファンタジーばりの姿をした動物は、

遺伝子組み換えにより、


"意図的に作られています"


なぜでしょうか?


それは便利だからです。


足が4本あれば、もも肉が多く取れます。


羽が6個あれば、手羽が多く取れます。


頭が多ければ、、、


などなど、


必要な部位を増やす事で、

その部位を安く供給出来ると言う事です。


非常にシンプルな話です。


頭が沢山欲しいから、

頭が2つある鳥を作ろう!


こう言う事です。


これも安く仕入れられる仕組みの1つです。


当然モルモットによる実験では、、、


言うまでもないですね。


私達はこうやって、

便利だからと、

意図的に作られている動物を食べたりします。


遺伝子組み換え食品にはかなりの危険性が伴います。


健康に対するリスクは、

自然体の動物を食すよりグンと高いです。


基本的に現代社会、

日本などは昔に比べて、

医療技術も高く清潔な国なので、

その違いは軽視されがちです。


しかし飼育側は基本的にそれを食べません。


あくまで提供するだけです。


理由は危ないからだそうです。


アメリカのあるトウモロコシ畑、

遺伝子組み換えの畑です。


それを栽培している方は自分の畑のトウモロコシを食べません。


モルモットの実験では、

実に2倍の速さで死んでしまうらしいです。


アメリカのあるミートソース缶を作っている会社、

その会社の職員は自社のミートソース缶を食べません。


ミートソース缶の、缶の成分が溶け出し、

健康に害があると分かっているからです。


しかし、

安く提供する為に改善は考えていないそうです。


そして、それは発覚しても社会問題になりません。


その問題は、

一時的に危ないよブームが起こる程度にしかならないです。


なぜなら消費者が忘れるから。


これは政治でも同じ事が言えますが、


問題が発覚し、


大々的に報道されても。


時間が経てばみな忘れます。


と言うより意識しなくなります。


例えば、

日本なら食品表示法が一時話題になりました。


簡単に言うと、


「これは危険な成分だから、ちゃんとパッケージに表示して下さいね〜」


と言う事があり、

一時的に消費者はその成分があるかないか確認して購入する方が増えました。


ダメージを受けた会社も多数あります。


しかし社会問題ばりに深刻とされた問題も、

1年もたたず話題にならなくなりました。


あなたはメディアの情報によって何かしら、


「これは気をつけよう!」


など思った経験はありますか?


その後、1年ぐらい経った後も、

変わらず注意していますか?


ほとんどの方は忘れてしまうか、

思い出しても、めんどくさく確認をしなくなります。


どんな問題も大概忘れてしまいます。


"実感がないから"


問題に対して自分にその実感がないと、

人間は軽視するか忘れます。


今回の食品にしたって、

瞬間的に気を付けよう!


と思っても忘れてしまいますし、

何より経済的に食品を厳選している余裕が無かったりします。


少なくとも以前の私は質より量を重視していました。


実は自然なお肉って赤くないんですよ、

自然なままのお肉は茶色いです。


赤いのは着色しているからです。


言ってしまえば色を塗っています。


赤いと美味しそうに見えるから。


保存料も使っています。


商品として扱い易くする為に。


人間は様々な工夫を、

健康を度外視して行っています。


命すら作り変えます。


だからと言って以前の私が、

毎日健康重視でコストをかえりみない買い物をしていたら破産します。


ですから、

普段から食べる食品に気を付けたりするのは、

もちろん良いのですが、


"命に感謝"


これだけは、

全ての人間が忘れる事なく持ってて欲しいなと思います。


それと、

普段食べている物を調べたりすると、

面白い勉強になったりもします!


バラ肉は、

ばらばらに切ったお肉じゃなくて、

アバラ骨の周りのお肉だとか!


そう言うちょっとした事を調べてみる習慣を作る事で、当然ビジネスにも生きて来ますが、


普段の生活にちょっとした変化をもたらしてくれます!


ぜひ、なんでも調べてみて下さい!


最後まで読んで下さり、ありがとうございます!


あなたの変化のちょっとしたキッカケになれれば幸いです。


ではっ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

他の記事一覧はこちらへお立ち寄りください!


⬇︎はてなブログ 記事一覧 ( 水野雄二 )⬇︎


https://bit.ly/2sk1SrF


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『本気で稼いでみたい』

 

『自分でも成功できるのか』

 

『今の自分を変えて自信をつけたい』

 

⬇︎そんな方はご覧ください⬇︎


https://bit.ly/2siSKmX

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

#ビジネス #ネットビジネス #投資 #トレード #暗号通貨 #仮想通貨 #マインドセット #マインド #哲学 #心理学 #脳科学 #心理 #可能性 #未来 #人生的成功 #経済的成功 #成功 #趣味 #ネタ