自分に嘘偽りなく充実して生きる方法

人生は死んだら "終わり” 一度しかない。やり直しも巻き戻しも出来ない。そんな貴重な人生なのに、自分が本当に望む生き方を我慢していたのがほんとに辛かった。そしてそんな生き方に私は耐えられなかった。だから必死に自分を変えて今を手にできました。 [ 自分自身に嘘偽りなく ] 充実した生き方をしたいと思っている方・苦しんでいる方・もがいている方。私はそんな あなたの力になれれば心から嬉しく思います。

【 仮想通貨 】もついに第2フェーズへ

こんにちは!

水野雄二です

 

 

今回は仮想通貨の時代の動きと、

初心者でも勝つ為の投資方法などを、

以下の流れで書いております。


【 LINE株式会社が仮想通貨事業へ参入 】

 

【 LINE株式会社が作る仮想通貨の注目点 】

 

【 IEOのメリット 】

 

【 今後の仮想通貨の動き 】

 

【 仮想通貨投資で勝つ為の考え方 】

 

【 仮想通貨投資の現状と、初心者が勝つ方法 】

 

【 仮想通貨投資を運の良さで勝つ方法 】

 

【 仮想通貨投資の運を引き寄せ、手放さない方法 】

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【 LINE株式会社が仮想通貨事業へ参入 】

 

 

LINE ( ライン ) 

 

f:id:mizunoyuuzi:20180907073958j:image


LINEは便利なメッセージアプリで、ご存知の方も多いかと思います。


そのLINEアプリを提供している、

LINE株式会社が仮想通貨事業への参入を発表しました。

 

 

LINE株式会社が独自の仮想通貨を作ると言う発表です。

 

 

LINE株式会社には沢山の子会社や関連会社が存在しますが、

今回の仮想通貨事業は LINE Financial と言う新会社で行われるようです。


その LINE Financial にはLINE株式会社の代表取締役社長である 出澤 剛氏 が就任すると言う事ですから、仮想通貨事業への力の入れ方が伺えます。

 

 

LINE株式会社はすでに仮想通貨と同じ領域であるfintech ( フィンテック ) 事業で成功しており、

仮想通貨事業での成功にも期待が持てます。

 

 

フィンテックとは?

割愛しますが金融市場のIT版です。

モバイル決済などもフィンテック領域の事業です。

 

 

*LINE株式会社のフィンテック事業とは?

LINE Pay です。


LINE Pay は LINE Mall や LINE STORE などでのショッピングをしたり、

ユーザー同士で割り勘や送金をしたり、

銀行口座に出金をしたりできます。


LINE Pay はすでに年間取引高が4,500億円を突破し、登録ユーザーは4000万人を達成していて、

大成功した事業と言えます。

 

 


【 LINE株式会社が作る仮想通貨の注目点 】

 

 

LINE株式会社が作る仮想通貨の構想は今までとは違い特殊で、今後の事業拡大が期待できる仕組みですが、


今回、私が投資家として取り上げる注目点は "ICOを行わない" と言う点です。


ICOを行わず仮想通貨を作り、

グローバル展開する。


これはLINE株式会社が最初ではないのですが、

今後の仮想通貨事業の新しい形となると私は考えています。

 

 

その新しい形を "IEO" と呼び、

ICOに変わる次世代の仕組みです。

 

 

*今回、LINE株式会社の独自仮想通貨のグローバル展開は、日本とアメリカは対象外となっています。


ただし日本向けのサービスもしっかりありますので、

詳しくはご自身でお調べ下さい。

 

 


【 IEOのメリット 】

 

 

昨年の2017年に、ICOを実施した内、

実際に上場を果たした件数は4分の1から5分の1と言う結果がすでにでています、


つまり、多くのICOは失敗に終わったと言う事です。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ICOの成功率やICOに失敗しない為の見分け方は、

こちらの別記事をご参照下さい⬇︎

https://bit.ly/2OqpdB9

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

詐欺を含め、失敗する確率が非常に高いICO


そんなICO投資の最初のハードルである仮想通貨取引所への上場。

 

 

そのハードルを確実に越えて、

上場確率100%と言えるICO時代が今後訪れようとしています。


それがICOの次世代の形と言われている、

"IEO" の可能性であり、メリットだと言えます。

 

 

IEOのメリットは他にもありますが、

とくに注目すべき点は、


IEOでは "詐欺をする事がかなり難しい" と言う点です。

 

 

仮想通貨プロジェクトの成否は運営しだいと言えますが、

ICO詐欺、またはICO詐欺だと思われる件数は、

半端じゃないほど沢山ありますから、


単純に、ICO詐欺が激減する可能性は、

ICO投資においてかなりのメリットになります。

 

f:id:mizunoyuuzi:20180907074237j:image

 

IEO。。。

 

 

今後のICO投資を大きく変える可能性を秘めていて、

仮想通貨の第2フェーズを感じさせます。

 

 


【 今後の仮想通貨の動き 】

 

 

今回のLINE株式会社の仮想通貨事業への参入以外にも、日本を含む世界中で多くの大手企業が仮想通貨事業への参入を控えています。


この事実や様々な動きを見て、

今後の仮想通貨はまだまだ拡大して行くと思われます。

 

 

むしろ、どうやって止めるの?

 

 

私は、今後50年ほどかけて仮想通貨市場は出来上がって行くと考えております。

 

 


【 仮想通貨投資で勝つ為の考え方 】

 

 

2018年は仮想通貨の下り年と言えます。


下落しまくりで安定に欠けますから。

 

f:id:mizunoyuuzi:20180907074601j:image

 

それを受けて、


「仮想通貨は終わる」とか、

「仮想通貨は終わった」とか、


そう思うのは目先しか見ていないからです。


仮想通貨の直近の動きしか見ていない方です。


そして仮想通貨投資で損をした方です。

 

 


投資は長いくくりで流れを分析し、判断していかなければなりません。

 


金融市場は常に上がり下がりを繰り返しています。


それは年単位でも同じく上がり下がりがあり、

金融市場で普通に起こる事です。

 

 

それに一喜一憂していては、

投資で勝ち続ける事はまず無理です。

 

 

仮想通貨の今年の現状だけ見ると、

今現在は下がり年と言えますが。


それで仮想通貨が終わると言うのは安易な考え方で、

仮想通貨が終わると判断するには根拠が全く足りません。


その安易な考え方が多いのが、

投資で勝ち続ける人は10%未満であると言う所以でもあります。

 

 


例えば、

今年の2月にNYダウは大暴落しました。


その事で、


アメリカが終わるとか、

ドルが終わるとか、

NY株式市場が終わるとか、


そう思いますか?

 

 

株式市場に限らず、

金融市場での年単位の上がり下がりは普通にあり、


それは仮想通貨にも当てはまる事です。

 

 

この仮想通貨の下がり年に何をするか?


これが大きく仮想通貨投資の命運を分けます。

 

 


ニュースで悲観的な報道が多くあると、

自分で考えず、正しい情報元を探しもせず、

ニュースに流されて投資に影響する。

 

 

ニュースで楽観的な報道が多くあると、

自分で考えず、正しい情報元を探しもせず、

ニュースに流されて投資をする。

 

 

このやり方では遅いです。

この考え方では勝ち続ける事は無理です。

 

 

もっと大きいくくりで市場を見れないと投資には向きません。

 

 

金融市場は短期的に稼げます。

1日あれば一般的なサラリーマンの年収の何倍、場合によっては生涯収入以上に稼げます。


しかし、


それは運を除けばトレード技術など、

しっかりした技術がある場合のみです。

 

 

初心者が仮想通貨投資で勝つ為には、

仮想通貨市場自体が成長しそうかどうか?


まずはその事に目を向けて、

短期的にではなく、

長期的な投資をする方が無難です。

 

 


【 仮想通貨投資家の現状と、初心者が勝つ方法 】

 

 

現状、仮想通貨で損失を出している方が続出しています。

 

 

ビットコインがまた急落しました。

イーサリアムも下落しました。


つまり仮想通貨市場の値動きが下がっています。


この動きから一部の仮想通貨投資家の焦りまくりな動きが伺えます。

 

 


あなたはゴールドマンサックス社をご存知でしょうか?


世界的な大手金融会社です。


そのゴールドマンサックス社が仮想通貨トレーディングデスクを創設すると発表がありました。


これは仮想通貨市場の成長を見込める判断材料になります。


しかし、


今回のビットコインの急落を受け、

ゴールドマンサックス社は仮想通貨トレーディングデスクの創設を保留にしました。


大体の方がこの段階で仮想通貨をネガティブに捉えます。

 

 

しかし、ゴールドマンサックス社はあくまで保留であって仮想通貨を捨てた訳ではありません、


"トレーディングではなく"


"保管事業に今は目を向ける"


としています。

 

 

仮想通貨は詐欺ではないとも発言していて、

私達で言う、


トレードじゃなく保有をしよう。


と言う事です。

 

 


ここまで記事を読まれたあなたは今後の仮想通貨投資をどう捉えますか?


私の記事はビジネスに真剣な方向けの記事で、

最後まで読む方は限られています。


そんなビジネスに真剣なあなたの判断はどうでしょうか?

 

 


仮想通貨は現在、下がり年と言える動きで下落しています。


仮想通貨事業への参入をする大手企業が増えていて、まだまだ控えています。


世界的な大手金融会社が仮想通貨のトレーディングではなく、保管に目を向けている。

 

 

仮想通貨下落。

参入企業増加。

トレードより保管。

 

 

たったこれだけでも、


仮想通貨市場は成長が見込める。

今はトレードより保有だな。


仮想通貨は長期保有をする段階だと判断できる根拠になりませんか?

 

 

負ける方の多くのパターンは、


短期的な見方しかせず、

悪い時に売り、

良い時に買い、

損失は大きく利益は小さい。


そんなパターンです。

 

 


私は、仮想通貨トレードは検証する為にしか今はまだしていません。


私は、仮想通貨の全てを長期保有前提で保有しており、検証で使う以外は1コインも手放しておりません。


数年は寝て待つ程度が丁度良いと考えております。

 

 

仮想通貨は運でも勝てます、


しかし、


いちいち一喜一憂していては "運すら手放す事になります" 

 

 


【 仮想通貨投資を運の良さで勝つ方法 】

 

 

これは簡単です。


仮想通貨をいちいち手放さない事です。

 

 

運で勝つと言う事は、

分析を自分でしなくても、

保有する仮想通貨の価値が爆上がりすると言う事です。


この運の良さを引き寄せるのが長期保有です。


いちいち仮想通貨の上がり下がりで手放していては、

運の良さすら捨ててしまう行為です。

 

 


爆上がりした仮想通貨は沢山あります。


実は、運良くその仮想通貨を保有していて、

億単位の稼ぎになっていた方って多いんです。


しかし、


本来なら億単位の稼ぎになっていたはずの、

惜しかった方はもっと多いんです。

 

 


仮想通貨を保有していて、

現状の価格に耐えきれず、お金を戻したいと考えた方が多くいました。


そんな方の仮想通貨を買い取る業者が現れ、

大勢の方が仮想通貨を手放しました。


その手放した仮想通貨が1年後に爆上がり。


運良く億万長者になるはずだった多くの人が、

自分から運の良さを手放し、

泣くほど悔しい思いをする。

 

 

こんな方が事実たくさんいます。。。

 

 

私の参加しているコミュニティにもいらっしゃり、

今でも悔しいみたいです。

 

 

リップルなども有名ですね。

 

 

運の良さは、その人の人間性を問わず、

それこそ詐欺師であっても人それぞれ持っています。


しかし、


運が良くても、

運を手放す人ってめちゃくちゃ多いんです。

 

 


実は数年前にビットコイン保有してみる気持ちがあったが、反対などや、怖さから結局保有しなかった。


ビットコイン初期の段階で仮想通貨の書籍を買っていたが、保有には至らなかった。


これも惜しかった人です。。。

 

自分の運は簡単に手放せてしまう。


この事を真剣に捉える事が大切です。

 

 

なぜなら仮想通貨は今現在、

運の良さだけで超絶稼げる可能性が1番高いからです。

 

 

仮想通貨を保有しなさいと言う話ではありません。

 

 

運だけで超絶稼げる可能性がもっとも高いのが、

今現在の仮想通貨だと言う事実の話です。

 

 

仮想通貨の特徴として、

保有していて仮想通貨の価値がなくなるリスクはありますが、


保有しているだけで、

気付いたら借金まみれだったと言う、

最悪の事態は無い事です。

 

 

言ってしまえば使った分しか損しません。

使った以上の損失はでません。


投資において1番怖いのは、

気付いたら借金地獄と言うパターンです。


少なくとも仮想通貨は、

その最悪の事態にはなりません。


仮想通貨で借金まみれの方は、

単純に無理なお金を使いすぎだと言うだけです。

 

 


【 仮想通貨投資の運を引き寄せ、手放さない方法 】

 

 

これはめちゃくちゃ堅実で簡単な方法です。


それは、


"余剰資金で仮想通貨を保有する事"


この一言に尽きます。

 

 

必死すぎるお金を使うからビビって手放す。

必死すぎるお金を使うから一喜一憂する。

 

 

余裕な資金で仮想通貨は保有してください。。。


それだけなんです。。。

 

 


「今すぐ稼ぎたいんだけど!」


稼げません。

 

 

「今すぐ稼げる方法はないの?」


あります。

スキルを身に付け磨いてください。

 

 

「余剰資金がないんだけど?」


働いて貯金してください。

 

 

「借金で貯金なんてできないんだけど?」


借金を返済するのが先です。

 

 

「今のチャンスを逃しちゃうじゃん!」


今以上の地獄を見る覚悟があるなら止めません。

 

 

「一生稼げないじゃん、、、」


ビジネスは一生なくなりません。

チャンスは時代に合わせて生まれます。

 

 


投資をするにあたり、

そもそも "破産覚悟" なんてありません。


プロの投資家は堅実です。


充分な投資資金がなければ、

充分な投資資金を集めてから投資します。

 

 


投資ってマインドが9割大事です。


この事実は変わりません。


確かに技術、スキルやノウハウは大切ですが、

マインドありきです。

 

 

全て。。。

 

 

運だけで勝つには仮想通貨は適しています。


その運すらもマインド1つで命運が別れます。

 

 

技術で稼ぐにもマインド。

運で稼ぐにもマインド。


マインドなしにビジネスで稼ごうなんて正直甘いです。

 

 

余剰資金で仮想通貨を保有し、

余剰資金だったが故に仮想通貨を忘れてしまい、

結果的に運を掴む。


これも立派なマインドです。

 

 

余剰資金。

 

 

これは大切にしてもらいたい。

 

 


車や家を買うレベルだと色々な会社で見積もりを取ったりして情報を集め、

慎重に比較検討しながら購入します。


なぜビジネスだと楽楽思考で自分から情報を集めたりせず、

慎重に比較検討しないんでしょうか?


ビジネスって今後の50年60年を変える、

人生最大のビッグプロジェクトですよ?

 

 

ビジネスは1番妥協しちゃダメです。


ビジネスは1番慎重に、

そしてしっかり取り組む事が本来です。


就職や転職も同じです。


私はいっときの人生を楽しむ時間を捨てて、

今の環境を手にしました。


あなたに、ビジネスは人生最大のビックプロジェクトであると言う認識があれば、


ビジネスを何よりも慎重に比較し判断して下さい。


子供を守りたい。

家族や大切な人を守りたい。

恋愛などのプライベートでも同じです。


あなたが望む未来にとって大切な事は、

しっかり考え、自分から情報を掴み判断して下さい。

 

 

自分の人生で1番大切な事をギャンブルに任せてはいけません。

 

 

だから余剰資金は大切なんです。

 

 


仮想通貨のICOで失敗しない。

仮想通貨のIEOの情報もしっかりキャッチする。


などの基本的な事を含め、


しっかり仮想通貨で稼ぐための、

仮想通貨に超特化したコミュニティをご案内もしております。


私自身、参加して仮想通貨の稼ぎがかなり増えました。


興味があればどうぞご確認ください⬇︎

https://bit.ly/2siSKmX

 

 

以上、


【 仮想通貨 】もついに第2フェーズへ


でした。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます!

 

 

ではっ

 

 

・・・・・・・・・・


その他の記事はこちらから。


⬇︎水野雄二 ( 記事一覧 ) ⬇︎

https://bit.ly/2sk1SrF


・・・・・・・・・・


あなたに、


「自分の環境を変えてみたい」

「不満を愚痴る生き方に疲れた」

「今以上に夢のある生き方をしてみたい」


このような要望や思いがあれば、

ここはとても役立つ場所だと考えております。

 

 

今以上の変化は必要ない。


そんな方には必要ありませんが、

正直、今の生き方が最高とは言い切れない。


そんな気持ちを少しでも感じたら、

内容を確認してみる価値はあると思います。


⬇︎内容を確認してみる⬇︎

https://bit.ly/2siSKmX


・・・・・・・・・・

 

 

 

 

#余剰資金 

#運を引き寄せる #運を手放さない

#仮想通貨 #暗号通貨

#人生最大のビックプロジェクト

#LINE #LINE株式会社

#ありがとう #感謝 #稼ぐだけでは意味がない

#人生的成功 #充実 #経済的成功 #お金

#人間力 #魅力 #マーケティング力 

#現場力 #判断力 #決断力 #行動力

#心理学 #哲学 #マインド #マインドセット

#ビジネス # リアルビジネス #ネットビジネス